牛を想うチカラ

牛を想うチカラ|すすき牧場

牛が主人公の毎日。

自分の子供たちに自信を持って食べさせられる“安心・安全な牛肉をつくり届けたい”

牛が主人公の毎日。すすき牧場

2001年、日本でBSEが発生した時に一人の牛飼いとして辿り着いた結論が、自分の子供たちに自信を持って食べさせられる“安心・安全な牛肉をつくり届けたい”との想い。
そのためには、ストレスを与えない健康な牛づくりという牛飼いとして、原点回帰の考えに辿り着いたのです。
美味しく安心・安全な牛づくりには、まず牛の健康を保つのがイチバン。牛が健康に暮らせる牛が主人公の毎日を基本理念に、すすき牧場は新たな挑戦を始めました。
子牛、飼料など全てのトレーサビリティーの徹底、牛肉を食べられる方が安心していただける生産体制の確立を目指し、“牛が主人公の毎日”は日々進化を遂げています。

毎日の肥育状況をデータ化することで安心・安全な生産体制を確立

育状況をデータ化

私たちが口にする牛肉が「いつ、どこで、どのように作られたのか…」、給餌量や給餌飼料の内容など、徹底したトレーサビリティの公開が消費者の皆さんに安心・安全をお届けするのには欠かせないものと考えています。
すすき牧場では、肥育状況を毎日チェック。健康状態の把握・体重測定から、その日の給餌の量、飼料の種類など、全ての記録をデータ化し、肥育状況を見える化することで、全スタッフが牛の成育状況を共有化し、牛が主人公の "牛にやさしい" 環境づくり、肥育体制を整えています。

人が中心でなく、牛が主人公〜牛がストレスを感じずらい牧場づくり

牛舎の換気扇

私たちは、人が中心ではなく、牛の立場に立った視線で飼料、環境を考え、整えることを牧場運営の基本理念に、防暑対策として、牛舎内の温度を下げるためにミスト状の細霧機能がついた換気扇を牛舎に設置。
日よけのために緑のカーテンをつくるなど、強い日差しによる牛のストレスを極力抑えた牛舎環境づくり等にも取り組んでいます。
牛のストレスを少しでも解消するために牛舎の清掃や餌槽清掃、牧場周辺の整備など牛が快適に過ごすための環境整備の保持に日々努力しています。

自然を想うチカラを読む

自家製サイレージ・自給飼料で、安心・安全な給餌体制を整備

example

消費者の皆さんがより安心できる牛肉をお届けするためには、抗生物質、農薬の使用など、消費者の皆さんの不安要素を排除することが必須であり、また生産者自らが飼料の生産に携わることで、
より自信を持って安心な牛肉を提供したいとの想いから、ホルモン剤や抗生物質の飼料への添加を排除。自家製飼料を牧場内で生産・製造し、給餌しています。また、食物繊維を多く含んだおからや焼酎粕などの食品副産物や、自家生産した飼料用米を乳酸発酵させた飼料を与えるなど、牛の食事・健康に独自のこだわりを持って給餌作業を行っています。

食を想うチカラを読む

スタッフ全員で考え、実践する、牛が主人公の美味しい牛肉づくり

私たちは、ただ単に牛飼いの職人的な勘と経験のみに頼るのではなく、肥育状況をデータ化し、牛を主人公に、スタッフ全員が牛一頭一頭の生育状況・健康状態を掌握し、
自ら手がけた自家製飼料を給餌し、牛の健康をチェック、愛情を注いで育てた牛が安心・安全な美味しい牛肉として食卓に上るまでの一貫生産を担う食企業のスタッフであることを常に念頭に置いています。
自分たちが愛情を注ぎ仕上げた食肉が、消費者の手元に安全に届くまで責任を持って送り届けられる仕組みづくりの構築を目指し、日々知恵を出し合い、改善と実践することを心がけています。

次代へツナグ想いを読む