むなかた牛

からだにやさしい「美味しいお肉」の秘密

お米で育てるむなかた牛

牛の美味しさは健康な「環境」と安全で最適な「飼料」が決め手!私たちは食べる人の「身体にやさしい牛肉」づくり、「牛にやさしい環境」づくりをテーマに日々愛情を注ぎながら育てています。

【健康な環境】
牛が主人公・ストレスを与えない環境づくりに努めています。
【安全な飼料】
自家製飼料を牧場内で生産し給飼しています。

そうして育てた「むなかた牛」は、柔らかい霜降りで、肉に甘い旨味をもち、脂があっさりしていて、適度な食感が特徴です。

業務用のお客様へ。

すすき牧場むなかた牛のご利用実績・お問い合せ

一般のお客様へ。

すすき牧場むなかた牛のお買い求めはコチラ

オンラインショップおすすめ商品

ジューシー&ヘルシー極旨の赤身肉 一貫生産だからできる絶品の希少部位 自社牛を知り尽くしています!本当に美味しい食べ方

むなかた牛はジューシー&ヘルシー極旨の赤身肉!

赤身肉はフランスやイタリア料理でも品質と美味しさが求められる食材で、日本国内でもその価値や評価が近年とても高まっています。

むなかた牛の赤身肉は、すすき牧場こだわりの肥育方法だからこそ得られる、
口の中でとろけるような柔らかさと芳醇な甘み、そして栄養価が高く低脂肪。
全国各地の洋食レストランでもメニューになるなど、その良さが広まっています。

自社生産米で育ったむなかた牛の赤身肉は旨味が豊富。

生産から肥育、販売まで一貫しているからできる絶品の希少部位

希少部位図すすき牧場では、素牛から始まって肥育、販売まで一頭一頭を管理。一頭につき、1〜2kgほどしか得られない「希少部位」をご提供できる環境を整えております。

たとえば、希少中の希少とも言われる「シャトーブリアン」や「サガリ」、「いちぼ」に「ランプ」「しんたま」と呼ばれる部位など、一段と柔らかく美味しいと言われています。

自社生産米で育ったむなかた牛の赤身肉は旨味が豊富。

自社牛を知り尽くしているからこその本当に美味しい食べ方

社員食堂メニューむなかた牛の日むなかた牛ランチ

スタッフが集うすすき牧場の社員食堂では、自分たちが生産する「むなかた牛」を使用したランチメニューの日を設けています。

なぜなら「本当に美味しい、ヘルシーなお肉とは何か?」をスタッフ同士で共有するため。メニューのレシピも日々記録していて、「どんな食べ方が美味しいかったか?」なんてスタッフ同士で話したりします。

だからこそできる「むなかた牛」「希少部位」の本当に美味しい食べ方のご提案も。
ぜひ、「むなかた牛」を一度、ご賞味ください。期待を裏切らない美味しさをご提供いたします!

品質の良さだけではない、むなかた牛を美味しく頂くヒミツ